CALENDAR
S M T W T F S
               
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
ほっとけない 世界のまずしさ
RECOMMEND
RECOMMEND
Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A]
Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A] (JUGEMレビュー »)

アメリカでの普及率があまりにも高いのでミシガンで購入してしまった。今ではこれがないと生きていけません。
SEARCH THIS SITE.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Boston Career Forum
こういう場で就職活動ができる海外留学生はまじでうらやましい。

これだけの出展企業が一ヶ所に集結して、
三日間で選考プロセスが完結する会社が多くいることを考えると日本であれだけ必死になって就職活動をやっていたことが馬鹿らしく感じる。

最近出展する企業がどんどん増えてきてうちの内定先も出展してるし。

あー、ボストンのこと考えてたらクラムチャウダーが食いたくなってきた。。
| Job Hunting | 10:57 | comments(4) | trackbacks(0) |
Longest three-month period in my life
長い長い就職活動にようやく終止符を打つことができました。
I'm finally able to announce the termination of my job hunting!!


某総合商社に行くことにしました。


内定をもらった企業の中から一社を選ぶのにめちゃくちゃ悩んだ。そして結果的には自分が一番大事にしたかった選択基準をある程度犠牲にせざるを得なかった。でもいろいろな人からアドバイスをもらった上での決断。正しい決断だったのか全くわからないけど今はすごく気持ちがすっきりした気分。



それにしても就職活動では本当に多くのことを学ぶことができた。

今回就職活動をしていて最も強く感じたこと、それは日本人の学生がどれだけ恵まれているかということ。

これだけいろんな会社が一極集中している場所(東京)で、学生側の専門や大学レベルにほとんど制約がかけられずに企業の門が開かれている。多くの企業が積極的なリクルーティング活動を行っており、説明会などでは自由に人事の人や第一線で活躍する優秀な社員と話をする機会もある。こんな素晴らしい国は他にないんじゃないか?

あのアメリカでさえも国土が広すぎるため、名門大学に入っていないといわゆる一流企業はリクルーティングをしにやってこないし、学生側も自分からわざわざNYとかに出向くのは大きな負担だろう。そしてものすごい学歴主義のため名門大学出身でないと大企業に入るのは難しいし、大学の専攻とあまり関係ない職種に応募することは難しい。

ましてやフランスやドイツの事情を聞くと若者の失業率がめちゃくちゃ高いみたいだし、学生によるデモなど日本では想像もできないようなことが起こっている。


これから就職活動を進める人はこういう恵まれた日本のリクルーティング環境を最大限活用するべきだと思う。

自分は業界という枠に縛られず、幅広い視野でいろんな会社を見るようにしたがもっと視野を広げてもよかったかもしれない。でも幅広く見ていったおかげでいろんな人と会うことができて、その時々に自分のためになるアドバイスを聞けたり、新たな発見があった。


インドでの研修期間のほぼ3/4の期間を就職活動に割いていたことを考えるとちょっとアホくさいけど、まー終えることができたからひとまず安心。

本当にいろんな人にお世話になった。オレと話をしてくれた先輩方、同期のみんな、後輩のみんなにはまじ感謝!ありがとうございましたm(_ _)m


とりあえず入ったからには世界を股にかける商社マンとして活躍しようと思う。

短期的には中国語のマスターとHBSへの留学かなw


そして26日からGW明けるまで海外に消えます。。追いかけないでください。
| Job Hunting | 01:35 | comments(6) | trackbacks(0) |
就活あれこれ
他の学生と比べたら少ないと思うけど最近説明会やら集団OB訪問などのイベントに参加することが多い。

たくさんの学生に囲まれて説明を聞いたり質問をしているとものすごく突っ込みたくなることがたくさん。


頭の中ではこんなことを考えている。


「その相槌明らかに演技っぽいんですけど。。。」


「その質問、意味ぷーなんですが。。。」


「質問しないならなんで来たんですか・・・?」


「あんた化粧濃すぎやろ。。。」


「そんなに慣れ慣れしく話しかけないでください。。。」


「そんなにバクバク出されたお菓子食うなよ!」




あと最近友達に言われてようやく気付いたけど、ビルとかオフィスの中に入る前は冬コートを脱ぐのが礼儀なんですね。。。全く知らなかった。言われるまでずっとコート着たまま受付に行ったりしてたんですが。

てか別にいいじゃん!スーツの上着脱ぐのは失礼なのに、冬コート脱ぐのはなぜダメ?

こういうめんどくさいマナーだいっきらい。



あと最近敬語に嫌気がさしてきた。敬語使わずに仕事したい。敬語を使うと無意識に相手との心理的距離感ができて、その相手と一緒に仕事がしづらくなる、と自分では勝手に思っている。そういう意味では英語で仕事できる環境はかなり魅力的。


自分が変なやつなのかもしれないな。周りの学生はオレを見て「なんだこいつ」とか思っているのかもしれない。
| Job Hunting | 01:41 | comments(3) | trackbacks(0) |
Confused...
日曜の朝から面接。土日くらいのんびりさせてくれって感じがするが、普段であればせっかくの休みが取れる会社側こそ大変だ。。。お疲れ様ですm(_ _)m


そして肝心の面接。


面接官「そういう考え方してるならうちの部門が君を採るメリットがないよね、これから他の会社受けるときに注意したほうがいいよ」


甘「あーそうですか、参考になりましたー」


そんな感じのノリだった。


就職活動は学生と企業の間の「お見合い」と良くいわれる。上のやりとりを見ると、今日面接を受けた会社(正確にいうと「部門」)は明らかに「こうへいくん、私はあなたと価値観が合わないわ」というシグナルをオレに発していた。


帰りの電車の中。「あーふられたな」と残念に思ったがお互いのニーズがかみ合わないのだからしょうがない。次の面接に向けて今回の面接の反省会を頭の中でしていた。


すると突然電話が鳴る。かなしいかな、最近は企業からしか電話がこない。。。「地下鉄乗ってるときに電話なんかかけてくんな」と半切れになりつつ、仕方なく一時下車。


今日面接受けた会社からだった。


「天草さんには次のプロセスに進んでいただくことになりましたー」
・・・・・・・



意味ぷーです。
| Job Hunting | 17:31 | comments(5) | trackbacks(0) |
Too late
HSBCでこんなキャリアプログラムが存在することを知り、「これこそまさにオレのためにあるものだ!」って熱くなって応募しようとしたら、アプリケーション期限過ぎてた。。。



いずれにせよ、こういう風に「勤務地が日本」って決まっていなくて、かついろんなビジネスに触れられるような仕事がいい。

最近毎日パソコンの前でもやもや考えて一日が終わってしまう日が多すぎる気がする。。。結局何もしてない(萎)
| Job Hunting | 00:19 | comments(3) | trackbacks(0) |
独り言
なんですか、今日の日経一面。。。国際協力銀行の解体がほぼ決まったって感じですか?

円借款業務はJICAに、国際金融業務は新たにできる政府系金融機関に統合されるみたい。個人的にJBICは「金融」、「国際貢献」という切り口で自分の興味範囲をカバーしていて、今後説明会への参加も検討していたからちょっぴり残念。てか今後も説明会開催の予定あるけどJBIC今年新卒採るの???それが一番謎。誰か教えて。


最近の自分。
日本に帰国してから孤独な時間が増えたせいか、自分のことを見つめなおす機会がたくさんあるからうれしい。インドにいるときは周りに外人ばっかがいてそんなことできなかった。「考える」っていう作業をずっとさぼってたから最近は毎日本とか雑誌読んで考えてる。でもちょっと引きこもりがちだから危険。外は寒いし柏だし余計に外出する気にならない。誰かデートにでも誘って(笑)

そんなわけでスノボと温泉とかにめちゃくちゃ行きたい気分だけど、内定一個とるまではそんな心の余裕が持てないオレ。。。シュウカツ中にも思いっきり遊べるくらいの要領の良い人間になりたい。

明日は筆記二個。そろそろOB訪問も考えはじめんと。謙虚にかつ貪欲に。。。
| Job Hunting | 23:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
初国内インターン
昨日、今日と某外資系金融会社でIB業務の体験をさせてもらえるインターンに参加してきた。会社は頭文字をとってDSLとしておこう。たぶん既に分かる人はたくさんいるでしょうが。

やったこと。まず初日の前半はほぼ会社説明と守秘義務に関するインプットで終了。でも会社説明会はアメリカンのCOOがかなりフランクな形でやってくれて、オレは英語で質問する機会があったからちょっとラッキーだった。

初日後半からは配属された部門(オレはIB)に分かれて各部門におけるビジネスの説明が行われた。その後は不意打ちでケーススタディーをベースとした課題が与えられる。「明日の昼までにこの資料を読み込んで、自分が自由に設定したテーマに基づいて各自プレゼンを準備してください」と。。。え、個人プレーかよ?そして資料の量が半端ない。。。新聞記事のコピーや会社のIR資料などがドカンと机の上に積まれていた。詳しいことは書けないが、敵対的買収に関連したケースを扱いました。結果的にこの課題はなかなかテーマが思いつかず苦戦することになったが、二日目の午前中も課題の準備に当てることができてなんとか切り抜けた。。。

今回のインターンではいろいろ考えさせられた。

まずは軽いことから。交通費のみ支給のインターンであったが、さすが外資系ということで食事はめちゃくちゃ豪華なところに連れて行ってくれた。初日はめちゃおしゃれなバーでフルコースディナー、二日目昼は高級中華料理のフルコースランチ、二日目夜はバーで立食パーティー。。。すげー、おめーらどれだけ金持ってんの?食事の際に、社員の方々と話す機会がたくさんあったのが非常に良かった。

ちょっとまじめに。
今回インターンで達成しようと思ったこと3点:ー分がIB業務に向いているか知る、DSLはどんな会社なのかを知る、0貊錣忙臆辰垢覲慇犬箸離優奪肇錙璽ング。

以下それぞれの項目の達成度評価。

 Ъ分がIB業務に向いているかということについてだが、正直まだはっきりとはわからない。でも地道な仕事がたくさんあって、株や債券の売買をやっている人たちよりははるかに忙しいんだなーと思ってちょっと萎えた。ロングタームでしか結果が出ないけど扱っている案件一つ一つが半端なく大きいから、その分やりがいがある、と社員の方々は大体言っていた。うーん、ぶっちゃけ実際仕事やってみないと向いているかわからなさそう。。。

◆DSLの基本カラーを考えると、他のIBの会社と比べると比較的相性が良さそうな気がした。

:今回のインターンでは約500人の応募から生き残ったわずか40人超の学生が参加することができたとのこと。その中でもIBの部門は合計20人くらい。よくこんなに狭き門を通ったな、と当初は自分に自信が持てた。でも実際にIB部門のインターンの学生たちと行動をともにして、自分の弱点がめっちゃ露呈した。大体の参加者がオレの一個下なのに「なんでそんなに知識あるの?」とか「なんでそんなにまじめに考えてるの?」と圧倒されてしまった感がある。。。

あとは他のインターン生たちのノリにいまいち付いていけず、の目的あんま達成できず。。。その理由は説明しづらいけど「なんでそんなにみんなで仲良くなりたいんですか?」って突っ込みたかった感じ。オレは自己主張を行うのがめんどくさくなって、結果的に非常に存在感の薄いキャラとして定着したように思える。てか自分が自己主張、自己表現するのがとても苦手だということを今回改めて実感させられた。こんなやつがblogのタイトルにNo Borders, No Limitsなんてかっこいいこと言ってていいのか、って考えてるとめちゃテンション下がった。。。次回のインターンはまた来週に同じIBの部門でやります。まーマイペースで頑張ろう。
| Job Hunting | 02:14 | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |