CALENDAR
S M T W T F S
               
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
ほっとけない 世界のまずしさ
RECOMMEND
RECOMMEND
Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A]
Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A] (JUGEMレビュー »)

アメリカでの普及率があまりにも高いのでミシガンで購入してしまった。今ではこれがないと生きていけません。
SEARCH THIS SITE.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Trip to Vietnam: 総括
本当にWhat a great trip!と言える旅であった。オランダ領事の自宅に入った日本人旅行者は僕以外いないのではないだろうか??
今回の旅に要した費用は渡航費を除いて、なんと2万円のみ!日本人旅行者の中で最もコストパフォーマンスの良いベトナム旅行を体験できた自信がある。宿泊代と食費が浮いたのが大きいが何といっても物価安い!

ベトナムを見た感想を一言で表すと:I was really impressed by the energy and hype of the country.という感じでした。特にホーチミン市は社会主義体制の影響が全く感じられず、多種多様な人たちが入り混じって生活している様子が印象的であった。しかも皆若い人ばかり。やはり成長している新興国と日本みたいな高齢化を迎えている国は全く対照的であると感じた。

Networkingについて。今回は友達とのつながりが功を奏して、数々のNetworkingの場に同席する機会を得ることができた。話を聞くとベトナムでは最近Networking Partyなるものが頻繁にビジネス界で開催されているという。今回は欧米人&ベトナム人コミュニティの一員として混ぜてもらったが、どこに行っても皆が「どうしたら自分の会社を起こせるか」、「新しいビジネスパートナーはいないか」という観点を持って活動していることを肌で感じ取ることができた。日本人のコミュニティはどのような活動をしているのか、非常に気になったが個人的にはこのようなNetworkingはあまり行われていないのではないか、と危惧している。起業することや新たな出会いを求めることが必ずしも良いこととは限らないと思うが、とにかく外向きに必死に自分の成功を目指そうとする若いビジネスパーソンの存在を多く目にし、ただただ感心するばかりであった。自分も見習おうと誓った。そして日本に帰国したら、実践しようと誓った。


Thank you Vietnam! and most of all, thank you so much for all that you have done for me during my stay, Hanneke! and the same goes for all the people I met there!

| Travel | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
Trip to Vietnam (Ho Chi Minh City): Jan 16-18, 2009
せっかくなので残りは細かいところまで書いちゃいます。For Record Purposeです。。

Day 4(1月16日):
連日の飲み会で疲れていた為、この日は少し遅めのスタート。友達の家の目の前にあるカフェで朝食。お店のおばあちゃんに作ってもらったアイスコーヒーが最高にうまかった。絵葉書を書いて、それを出しに郵便局まで歩いた。これまではずっとバイクでの移動でイマイチ近辺の地理感がなかった為、あえて長距離徒歩で移動してみた。
郵便局のあとはお得意のバイク移動でホーチミンから数キロ離れたCho long(China Town)へ。先ずはMarketに立ち寄ったのだけど、驚きの活況さであった。大勢の人、バイク、車で歩くのがままならない場所も。さすが新興国。その後はChina Town付近を気が向くままに歩き、大好きな散歩を満喫。結局行き着いたのは誰も入らないような路地にあった水餃子のお店が集まったエリア。ジェスチャーで水餃子麺を頼んだら、まじで美味!その後チキンライスで有名なお店へはしごしたが、チキンライス売り切れ。。。仕方なくポークライスを頼んだがこれもうまかった。お寺の見学などを経て、ようやくChina Town終了。久々に一人観光を満喫できたあとは市北部に位置するマッサージ屋を目指した。

ガイドブックに、日本人・台湾人に評判のところ、と書いてあり、且つ超お手ごろなお値段だったので迷わず向かった。結果は、、、最高に気持ちよかった!60分の全身指圧マッサージで何と700円くらい!!!マッサージ師はみんな日本で公認されている指圧の資格を持つプロ。しかもその値段でジャグジー・サウナも入りたい放題。お店を出たあとはあまりに体が軽くなっていて驚いたくらい。日本にも同じようなお店があったらいいのに、と切に願った。。お店のHPはこちら

夜は長かった。何と5次会までいっちゃいました。。。先ずは市内からバイクで30分程も離れた友達が勤務している大学まで移動。ここはオーストラリアの有名私立大学のベトナムキャンパスで、ここはベトナムか?と疑う程の高級な環境が整っていた。フードコート、最新のiMacが揃った図書館、モダンな机と椅子、、等々感心するばかりであった。ここで一次会に参加。大学の教員・スタッフ向けのChinese New Year's Partyに乱入。ただで飲み食いし、何と大学のVice Directorから直々お年玉ももらえた。

二次会:高級さは更にエスカレート。今度は何とオランダ領事の自宅でのパーティーに乱入。友達が商工会議所のメンバーであった為、ベトナム在住のオランダメンバー宛の招待状を受け取っていて、警備員が張り込みしているゲートに囲まれた高級住宅エリアに移動。。招待されたたくさんのオランダ人の中に、一人超カジュアルな服装を着たアジア人旅行者がいる、という滑稽な絵であったに違いないが、ここでもただで飲み食い。オランダ語が話せず、あまり居場所が無かったが、会社のExecutiveレベルの人がたくさんいて、何人か偉い人とお話が出来た。Venture CapitalのCEO、Business Networking会社のCOO、大手食品会社のMarketing Managerなどなど、物凄く良い出会いの場に恵まれました。ここで既にケータリング会社のスタッフに勝手にワインのお代わりを次々と注がれた為、酔っ払い気味。。

3次会は少しお洒落目なクラブへ。ベトナム人も外国人も両方混在しており、サービス最悪だったけど、フロアと音楽はかなりイケイケ。酒に酔って踊り狂う。ここで既に僕の友達は泥酔気味。。
4次会からは完全にノリです。次も別のクラブへ。こちらはもう少しカジュアルな雰囲気でWesternな内装。人が多すぎて最早意味不明な状況であったが、途中で出会った日本人の子とからみつつ、Music and Dancingを楽しむ。
すぐに会場が閉店の時間になったので5次会へ。Backpackerが多く集まる市南側のエリアへタクシーで移動。一階のBarで少し飲んだあと、二階のクラブへ。

完全にWastedでした,,,,朝の6時くらいに帰宅。それにしても本当に楽しいParty Nightであった。


Day 5(1月17日):
昼過ぎまで爆睡。。起きてからは、友達に連れていかれた有名店でベトナム名物フォーを食し、二日酔いを覚ます。その後はMarketでお土産Shopping。よさげな照明器具ゲット!その後は二人とも完全にグロッキーだったのでテラスのあるカフェでくつろぐ。突如友達の友人3人が乱入してきたので、彼女らとも会話。韓国人もいた。今回会った外国人はヨーロッパ人が主でアジア人は少数であった。その後友達の彼氏と合流し、彼の行きつけのPubでくつろぎ、ようやくDinnerへ。その頃には食欲も回復し、立派なVietnamese Restaurantで食す。ベルギー人Jessyも参加して、ベトナム最後のひと時を満喫。あっという間にお別れの時間となり、その時点で今回の旅行に対する満足感で一杯であった。
| Travel | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
Trip to Vietnam (Ho Chi Minh City): Jan 13-15, 2009
背景:
急遽一週間仕事でお休みを頂戴することとなった為、何としてでも海外に行かねばと思い、ゞ畩譴離▲献◆↓外人の友達がいるところ、という条件で絞ったところ、ベトナムが第一候補に浮上。学生のとき文京区役所のインターンのお手伝いをしていたときに知り合ったオランダ人がベトナムで働いていたので、彼女を頼り、ほぼ二年ぶりの海外旅行に出かけた。目的地はHo Chi Minh。

旅行中の写真はこちら

Day 1:
今回はベトナム航空を利用。年明け早々の出張でJALの欧米行きビジネスクラスを経験した直後だったので、エコノミーは少し辛かったが学生のときの貧乏気分が蘇ってきて全く問題なし。オランダ人の友達の家に空き部屋があったので、そこに居候させてもらうことに。お陰で宿泊代が浮いてめちゃ助かった。

到着早々、思い出話やら仕事の話で盛り上がり、ベランダでジントニック飲みながらしばらくだべり、その後は彼女の彼氏とともにDinner。かなり美味しいベトナム料理屋に連れて行ってもらい、たらふく食った。その後も友達の気遣いにより、ベトナムのNight Club初経験。

Day 2:
この日から;日中はBackpackerとして一人旅、夜は友達とNight Lifeを満喫、という基本パターンが定着。移動は基本的にバイク。ベトナムのバイクの数半端無い、、とあるガイドによると人口800万人中、バイクの数はその半分に上るという(ほんとか??)。僕はヘルメットを担いで出歩き、移動したいときは路上にいるおっさんに適当に声かけて、バイクに二人乗りで乗せてもらって移動。あまりにバイクが多くて車の数を圧倒している為、バイク移動のほうが早い。しかも安い。そして楽しい!他の旅行者を見ていたら、基本タクシーor徒歩で移動しており、僕みたいな移動の仕方をしている人はあまり見かけなかった。。

この日はベトナム戦争がテーマ。午前中はベトナム戦争中にベトナムの反政府派の兵士達がアメリカ軍とのゲリラ戦を展開するに当たって、彫った洞窟を見学するツアーに参加。洞窟の中に隠れながら、落とし穴等色々な罠を仕掛け、泥沼戦に持ち込んだという。非常に興味深かった。
午後は戦争証跡博物館を見学。イメージとしては広島・長崎にある戦争の資料館に近い。非常に重たい気分になるが、良い勉強になった。

夜は友達の紹介により、欧州、アメリカ、オーストラリアの商工会議所のメンバーのみが参加できるNetworking Partyに何故か乱入。色んな会社の人たちと名刺交換開始。最初は居場所無い気分だったが次第にお酒も入り、友達にも何人かの紹介を受け、話も弾む。二次会@Lounge、三次会@Barと進み、初日に続きお酒大量摂取。。

Day 3:
夜までメコン・デルタの見学ツアーに参加。モーターボートに乗ってメコン川を移動し、途中散在する島にある村をいくつか見学。ボートでの移動は非常にのんびりしていて、良い気分転換になった。何人かのBackpackerともお話出来て楽しかった。

夜はまた友達のお誘いにより、彼女が勤めている大学のAlumni Partyにこれまた何故か乱入させてもらった。大学のAlumniなので、色んな会社の人たちがいる。また名刺交換開始。正にNetworkingです。二次会は近場のNight Club/Bar、三次会は路上マーケットでのワンタンスープをお夜食に。


長くなったので、ひとまずここまで。Day 4, Day 5は追って書きます。

最後にバイク移動のシーンをいくつか載せます。ニケツしながら撮影。カメラぱくられるリスクあったので、結構頑張ったと思う。お楽しみ下さい。




| Travel | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
Summer 2007
更新が一ヶ月以上も滞ってしまいました。。その間起こったこと:8月末に長かった研修がようやく終了→9月頭に一週間弱の夏休みで旅行へ→二週間前から本格的に仕事スタート。

ご無沙汰なので、今日までの日々を軽く振り返ってみることにします。

■夏休みの旅
夏休みは地味に山陽地方を旅してきました。広島→尾道→岡山→倉敷→姫路、という瀬戸内海沿いの諸都市に寄る5日間の電車旅を経験。何気に世界遺産三つ見たし(写真参照)、サイクリングで瀬戸内海に浮かぶ島々を巡れたし、食事も楽しめたし(広島焼き、あなご飯、尾道ラーメン、等)、充実したお休みになりました。

■仕事
休み後はやっとまともな仕事をやらせてもらえるようになってきた。冗談抜きで9月になってようやく「入社」した気分です。確かに忙しくはなって睡眠時間をあまり確保できない状況ですが(仕事より通勤時間の要因の方がでかいが)、仕事はやりがいがあって、残業していてもあまり苦になりません。今後の課題は「やらなければならない仕事」をいかに早く効率的に終わらせ、「やりたい仕事」に割く時間をいかに増やすかということ。学生の頃の様々な活動で鍛えられていた自信はあったけど、やはりまだまだ要領は悪い。。

■私事
相変わらず社外の人との交流を心がけているつもり。特に先週は学生時代に仲良くなったオランダ人とインドネシア人がたまたま来日していたので、外人接待二連ちゃん。オランダ人とは居酒屋、カラオケ、クラブのコースで翌日寝坊してしまうはめに。。インドネシア人とはラマダンの影響により、普通に飲み食いしておしゃべり。昔懐かしい話で盛り上がって、二人ともそれぞれの道で頑張っているみたいだったので良い刺激になった。それにしても英語力落ちたなー。。もう少しBrush upする努力しないと海外で仕事したくでもできなくなるぞ。。

あとは美容師の友達にカットモデルとして髪切ってもらったり、バンカーの先輩と地元の飲み屋で飲んだりと。まだ入社してから半年も経っていないが、やっぱし会社の枠内だけで日々活動しているとかなり視野が狭まっていくのを実感する。よって、これまで以上に社外の色んな人たちと交流を持って、広めの感性を保つことが必須になってきます。

■久々の休息
今週末は三連休。7〜8月は土日勤務だったし、夏休みはせっせと遊んでいたので、何の予定もなくのんびり出来るのは久々。今はしばらく戻っていなかった実家@柏に戻って、寮では見れないテレビをエンジョイしたり、父親とゴルフ行ったりして来週に備えております。ちょっと仕事もしちゃったけど。。


それでは以下山陽旅行のお写真をお楽しみあれ〜

原爆ドーム(世界遺産)


広島焼き(巨大過ぎて食いきれず。。)


厳島神社@宮島(世界遺産)


厳島神社@宮島その2


宮島の鹿(凶暴)


尾道からチャリンコで瀬戸内海の島々を巡る


瀬戸内海に潜ってサイクリングでかいた汗を流す


姫路城(世界遺産)
| Travel | 22:20 | comments(0) | trackbacks(1) |
南米旅行記
いまさらながら南米旅行を振り返ってみることにします。これも自分の記録のため。

2月13日〜3月6日の間、ボリビアとペルーに行ってきました。写真は共に旅したメンバーの一人、S先輩のアルバムのURLをのっけてしまいます。以下旅行中につけていたメモをもとに記します。いつもと違ってわりとコンパクトにまとめたつもり。

2月14日
前日に成田発。LA&Miamiを経由、長時間の移動を経てようやくラパス着。ラパスは標高3650M。到着早々空気が薄いことを実感。

まずホステルにチェックイン。ホステルのおじちゃんが超かわいくて、優しかった。高山病を警戒してなるべ活動を抑えた。それでも早速頭痛がし始めた。。

Saltenaという露店で売っているスナックが気に入った。あとAlexander Coffeeというボリビアの高級コーヒーが飲めるカフェもよかった。夕食はボリビアの伝統料理をホテルで食らう。ラパスの夜景はめちゃくちゃきれいだった。

2月15日
この日も市内観光。サガルナガ通りで買い物、市場で見物、Miradorキリキリという丘から市全体の景色を見渡す、国立芸術博物館、などをカバー。夕食はスペイン料理。

2月16日
この日はラパス郊外を周るツアーに参加。El Altoというラパスの低所得者層の住む地域を訪れ、チャカルタヤという元スキーリゾートで凍えて(標高約5000M)、ティワナクの遺跡(一応世界遺産)を見て、月の谷で歩き回って、ツアー終了。夕食はMega Burgerw
他のメンバーに「お前はアメリカンだ」と言われ始める。

2月17日
早朝に起床してバス移動。この日から開催されるOruroのカーニバルを見に行くためにOruroという町へ向かう。実はOruroのカーニバルは、リオのカーニバルと並んで南米の3大カーニバルの一。カーニバルを見るスポットを確保してからひたすらカーニバル鑑賞。わりと迫力があって盛り上がった。

水風船を投げあったり、泡が吹き出るボトルで他人をアタックすることがカーニバル期間の習慣らしく、観光客も普通に被害にあっていた。もちろん自分も例外ではなかった。カッパを装備して臨んだがそれでもだいぶ泡だらけ、水だらけになった。。あと日焼けしすぎて顔が焼けどになりますた。。

夜から夜行バスでウユニへ移動。

2月18日
早朝にウユニに到着。ホテルで仮眠をとって行動開始。ウユニ湖を回るツアーを探し、二泊三日のツアーに参加することに。

初日はウユニ塩湖を見る。世界で最大の塩湖といわれているだけあって、景色はかなり感動的だった。一面真っ白でした。塩だけでできたホテルも見学。

2月19日
ツアー二日目。この日から真っ白な塩は見れなくなって、いろんな湖を見て周った。荒野というか砂漠のような広大な地をToyotaのLandcruiserで駆け巡って、ところどころストップして観光。フラミンゴが見える湖が印象的。

2月20日
ツアー三日目。早朝におきて、温泉の壺?(日本語でなんていうかわからん。Geyser)を見に行く。温泉に入る。緑色の湖が超きれい。ウユニの街に戻る。夜にラパスに戻ろうとしてバスを探すも、この日はウユニの町でカーニバルがあったため、どこのバス会社も運休。。予想外の足止めをくらいました。

2月21日
この日もラパスに戻るバスがなかなか見つからず、結局見つかったのが次の日の夜。Stuck in Uyuni。。マーケットまわったり読書したり大富豪しながら飲んだくれて時間をつぶしました。

2月22日
夜までまた暇。夜からラパスに移動。

2月23日
早朝にラパス到着。直後にコパカバーナまでバス移動。コパカバーナまではさらに太陽の島というチチカカ湖上の小さな島へ船で移動。チチカカ湖は超きれい。

結局15時間以上続けて移動した。。それでも太陽の島では島の真ん中にある山の頂上まで上って日の入りを観察。めちゃきれいだった。

2月24日
この日もひたすら移動。まず早朝にコパカバーナまで戻って、そこからプーノまでバスで移動。ここからペルー入り。プーノからはさらにクスコまでバス移動。コパカバーナからの総移動時間12時間超。日本人宿にチェックインして夜はぐったり。

2月25日
マチュピチュのチケットを購入してからクスコ市内観光。インカ時代の建築のなごりが見受けられて興味深かった。中心広場でまったりしたり、教会見物したり、インカの石組み建築を見たり、丘の上にある遺跡を訪れたり、バーで飲んだり、わりと充実した一日になった。

2月26日
この日はマチュピチュに向かう。オリャンタイタンボという町を経由して列車でマチュピチュ村まで移動。この日はマチュピチュの遺跡自体には行かず、マチュピチュ村でゆっくりして一泊することに。激安のHappy Hourの店に勧誘されて昼間から飲酒。温泉にも入ったがここの温泉は臭くて、おまけに雨が降っていたから最悪だった。

2月27日
ついに念願のマチュピチュへ。やっぱりすごかった。ワイナピチュという遺跡の裏にある山に登って、その日の観光客の中で二番目に頂上到着。裏から見たマチュピチュの眺めは絶景。ただ頂上に集まった最初の20人くらい全員日本人だったからちょっときもかった。これは地球の歩き方の力か。その後も遺跡を見回って夕方にはマチュピチュ村に戻る。

マチュピチュ村からクスコへ戻り、その日のうちにアレキパ行きの夜行バスに乗り込む。

2月28日
早朝にアレキパ着。ペルー第二の都市。早速バスターミナルでツアーを探して予約。キャノンデコルカというグランドキャニオンより深い谷を見て周る一泊二日のツアー。初日はChivayという町でまた温泉入ったりフォルクローレを鑑賞したりする。あとクイ(モルモット)の丸焼きを食った。まーまーだった。

3月1日
ツアー二日目。キャノンデコルカへ。やはり深い、めちゃくちゃ深い。そしてコンドルを目撃!めちゃでかい。

夕方にアレキパ市内に戻って食事。翌日、オレだけ一足先に他のメンバーと別れてアメリカに発つことになっていたのでこの日が最後の晩餐。ビールを飲んでいろんな話で盛り上がる。夜にリマ行きのバス乗車。

3月2日
ナスカで他のメンバーと別れる。オレだけ時間的な都合でナスカの地上絵は断念することに。周りの人に聞いてみると評価は二つに分かれていたので、そこまで後悔はなし。昼過ぎにリマに到着。アレキパからの総移動距離は1000キロ、時間にして16時間。。まじ辛かった。この日の晩に出発だったから荷物を高級ホテルに預けて一人で市内観光。

旧市街で教会や歴史的建造物を見物。その後ミニバスに乗って新市街へ行き、海岸付近でまったり。リマはやはり大都市だ、人でごった返しているし、資本主義的な香りが強い。ボリビアとの対比が明らかで面白かった。

夜中に空港に着いてNYへ。

以上。

総評すると、南米の自然に圧倒された二週間ちょいだったと思う。個人的にはボリビアのほうが落ち着いていて人も親切で好きだった。ペルーは観光地化されすぎ。
| Travel | 00:10 | comments(5) | trackbacks(1) |
Back from South America
本日帰国。三週間移動が多かったからくたくた。ボリビアもペルーも日本の面積の三倍らしいし。でも本当に楽しかった。また詳しくアップデートします。

会社の寮が聖蹟桜ヶ丘に決定。25日の週に引っ越します。近い人いない? 誰か引越し手伝って。

それより果たしてちゃんと卒業できたんだろうか? 明日大学に確認しにいってきます。最近は日米間の移動で時差ぼけがほとんど出ないようになったから一日寝れば回復するだろう。

おやすみなさい。
| Travel | 22:49 | comments(4) | trackbacks(0) |
In Cuzco
こんにちわ。現在ペルーのクスコという町に来ています。

これまでに相当な距離を移動しているので(ボリビアを縦断済み)、結構疲労はたまっているかもしれませんが、精神的にはかなり元気で楽しくやっています。

昨日ようやくペルーに入国、明日から念願のマチュピチュです。
ボリビアは自然の風景が圧巻で、現地の人たちも親切でめちゃくちゃ満喫できました。
治安も特に問題はないです。
個人的にはウユニ湖のツアーがヒットでした。

また帰国後に詳しく書きます。
6日後にNY、9日後には帰国です。

それでは Hasta Luego-
| Travel | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
Off to South America!
とうとう明日出発。

予定は以下の通り;
2月13日 Narita発 → LA → Miami → 2月14日 La Paz着。
3月3日 Lima発 → NY(Stop over) → 3月6日 Narita着。

とりあえず確実におさえておきたいルートは:
→ラパス
→オルーロのカーニバル(南米の三大カーニバルのうちの一つ)
→ウユニ湖
→チチカカ湖
→クスコ
→マチュピチュ
→ナスカ
→リマ


いってきます!!!
| Travel | 01:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
NY & Boston
だいぶ遅くなったが、NYとBostonの日記を書いておきたいと思う。

主なハイライトを時系列で書きます。お店の紹介が結構あるので、NYに行く機会がある人はぜひ参考にしてください。

12月23日:NY
Doughnut Plantで朝食。この店は最近日本でものすごく人気らしいが、アメリカではNYの一店舗しかないらしい。ウェブサイトを検索しても日本のサイトのほうが圧倒的に充実している。。でもアメリカのお店は老舗店らしく、結構味があった。

Coconutsのドーナツがまじうまだった。



SOHOでぶらぶら。UNIQLOのお店発見。中に入ってみたけど、日本のUNIQLO店のイメージとは全く異なるものだった。高級感、デザイナーズ色を出そうとしているのを強く感じた。やっぱSOHOは散歩に最適!



Korean Townで焼肉。アメリカだから日本より圧倒的に安く牛タンが食えるのがポイント。大学入ってからもう二回も来ている店なのだが、名前忘れた。。現在東大からミシガン大学、トロント大学にそれぞれ留学中の子たちと会ってお食事。


230 Fifthというバーで飲む。ここはSex and the Cityの撮影でも使われたことで有名らしい。雰囲気がかなり高級なラウンジっぽくて、セクシーな姉ちゃんが注文をとってくれる。あとルーフトップテラスもあって、夜の眺めがきれいだった。一杯12ドルもするジントニックを頼んだが、味は最悪だった。。お酒の量測ってないし、そもそもジンがまずかった。雰囲気を味わうだけならお勧め。。


12月24日〜25日:NY
クリスマスはMonroeというところで過ごした。ハウスパーティーに参加させてもらったり、プレゼント交換をしたりしてまったり。


12月26日:NY
New Jerseyにある巨大モールでショッピング。アメリカではクリスマス明けに超巨大バーゲンが始まる。やはりアメリカのクリスマスは日本の正月とぴったり重なるといえる。日本でも正月明けにバーゲンやるでしょ。

アメリカでの買い物といったらもう一つしかない!それはアメリカに来るたびに既に儀式と化しているアバクロ(Abercrombie & Fitch)での買い物。日本で買ったらまじでぼったくりだよ!ジーンズは70ドル弱で買える。。いつも通り、真っ白な人が上半身裸で店の前に。



12月27日:NY
KellogでMBAを取ったイスラエル人とスタバでお茶。シンガポールのキャンプで先生を務めていた元BCG社員の人に紹介してもらい、ネットワーキング達成。MBAの話とか彼の現在の仕事の話とか聞けて面白かった。

すいびという沖縄料理屋で食事。ここのゴーヤチャンプルはうますぎだった。


12月28日〜29日:Boston
約10年ぶりにBostonへ。今回はGreyhoundを利用していった。NYから4時間しかかからず、移動は簡単だった。昔見た光景がよみがえってきて、ノスタルジーに浸っていた。

まずはLegal Seafood MarketでNew England Clam Chowderを!Bostonといえばこれでしょ!ついでにメインディッシュはサーモンをいただいた。Bostonの魚は日本の魚よりおいしい勢い??



Quincy Market



夜はお決まりの?Coldstoneでーす。日本のやつはいつも並んでいるから未だに食べたことがない。でも絶対にアメリカのほうがでかい!



HarvardとMITを探索。Bostonは学生が住む町としては素晴らしい場所だと感じた。

HBS。直近の目標はここに入学すること?



MITの有名なStata Center。建築が面白すぎです。Sloanにもお邪魔した。



Bostonの名物ビール、Samuel Adamsのビール工場見学。日本のビール工場見学みたいに、料金はかからず、ただで試飲させてくれた!まじうまかった。Samuel Adams飲んだことない人は今度ぜひお試しあれ!最近日本でも結構売っているよ。



Fenway Park。Red Soxの本拠。この日は雪が降り出してめちゃ寒かった。
でも松坂発見!こんなに歓迎されていることを知って感動した。ついでに松坂Tシャツも購入してしまった。



1月31日:NY
この日は半日卒論をやって書き終えた。その後念願のNY初クラブ。しかもNew Years Eve Party. 事前にチケットを購入。Branchというところで一夜を過ごした。個人的には年齢層、所得層がともに高かった気がするが、バーのお酒がおいしかったし、フロアもそれなりにきれいだったので満足。
Ball Dropの瞬間。



1月1日〜2日:NY
再びMonroeへ。おせち食べたり、Rose Bowl見たりしてまったり。
2日にはKing Saunaという韓国人が経営しているサウナに行った。めちゃ気持ちよかった。あれははまる。。


1月3日:
Broadwayを鑑賞。今回はWicked。めちゃくちゃ面白かった!まだまだBroadwayは見ていないけど、今回をきっかけに今後はまりそうな予感。

関係ないけどWickedのビルの近くにあったLehman Brothersの本社ビル。超立派だったので思わず写真を撮った。来年からここで働く友達がいるからぜひ頑張ってほしい。



1月4日:
二食続けてステーキ!

まずはQuality Meatsでランチ。ここのFilet Mignonが見た目はシンプルだけど最高においしかった。。Appetizerはロブスターだった。。ここはおごり。学生が50ドルのランチとか食えるわけありません。



夜は内定先のNYオフィスを訪問。オフィスツアーをやっていただいた上、食事をしながらお話を伺う機会もありました。そこで連れていっていただいたお店がWolfgang's Steakhouse。Quality Meatsが高級感あふれる店だとしたら、この店は男どもが肉にがっつくために集まる店。もちろんここも高級であることに変わりはありませんが。ここももちろんおごり。。

とにかく肉を食いまくって、NY滞在を締めくくりました。

こうやって見ると本当に楽しい二週間だった。また遊びにいきたい。てか行く。たくさんの人にお世話になりました。ありがとうございましたー!
| Travel | 04:17 | comments(5) | trackbacks(0) |
Trip to Taiwan (Days 3 〜 6)
Hey, better finish up this report before I forget what I did...

I will write in a simpler format this time..

[Day 3, Sep. 24th] (Pics #72 to #151)
This day was the most enjoyable day since most of my friends could come out for a one-day trip together. We had two cars and travelled with a total of 7ppl up the north coast. This time, we went all the way along the north coast of Taiwan from the east to the west.

Things I/we did:
-Join Eric on his car with Stacy & Hermosa. Ray's car had some trouble but got together later with his car carrying Lance and Yvonne
-Breakfast; I think 蛋餅(near Stacy's house, Pic #72) and 胡椒餅(thx Yvonne for buying this! Pic #73)
-Chill out on the cliff near 基隆, take group pics (Pics #74 to #83)
-Eat seafood for lunch! It was delicious! (Pics #85 to #93)
-Hang out at the beach near 金山, fool around like little kids. I flipped Lance, Stacy, Yvonne, and Hermosa over my back!! I wish I could post the videos here. (Pics #95 to #115)
-Stop by a famous coffee house for some drinks at a terrace overlooking the beach. Great view and nice coffee! It was romantic as well. (Pics #118 to #128)
-Go to 淡水. Walk around the area; eat lots of food (55cm tall ice cream!!, 臭豆腐, fried food, 阿給, etc.), take purikura with all my friends, buy souvenirs. (Pics #131 to #151)
-Head home by MRT, chat with a former AIESECer who my friend from Purdue introduced me to.

[Day 4, Sep. 25th] (Pics #152 to #206)
I basically went sightseeing for half a day by myself, then ChiaWen showed me around, then I met an AIESECer who also showed me around. I'm being treated so well!!

Things I did:
-Have 蛋餅 for breakfast again near Stacy's place
-Go to Taiwan station, walk around a bit and head for 総統府 (President's office) (Pics # 153-155)
-Take a walk in ニニ八和平公園 (Pics #156 to #160)
-Take a tour at 総統府, the tour guide could speak Japanese, but he was an old man and it was hard to make out what he was saying.. (Pics #161)
-Check out the protesters demonstrating around the government district (Pics #162 to #164).
-See 中正紀念堂 (Pics #165 to #169)
-Go to 西門町, walk around to check out some shops and places to eat. (Pics #170 to #173)
-Lunch: eat some goose meat and noodles at 鴨肉扁(Pics #174 to #175)
-See 龍山寺, nice place! It reminded me of 東照宮 in 日光 in Japan. (Pics #176 to #180)
-Walk through 華西街観光夜市, but nothing to see since the night market wasn't open.. (Pic #181)
-Visit and enter Taiwan Storyland(台湾故事館) near Taipei station. It was a very cool exhibit resembling the atmosphere of Taiwanese life in the 1960s (Pics #182 to #187)
-Meet up with ChiaWen. She shows me around the National University of Taiwan, the best university in Taiwan!! Like Todai, hehe. ChiaWen treated me some chicken and beer:) The facilities there were so much better than that of Todai. Especially the library and the sports gym. The gym was HUGE!!!! (Pics #188 to #197)
-Crazy eat out: shaved ice, go to night market in 師大 and eat tons of stuff (胡椒餅、水煎包、滷味). This night market was very local, so I enjoyed it. Stacy joined in later on to do some shopping in the night market. (Pics #198 to #205)
-Meet AIESECer, she took me out on a motor bike to a nice quiet park with lots of street ballers playing at midnight. She also took me around the 忠考敦化 station and showed me some cool cafes and a night club (too bad I couldn't go this time!! I better go there next time for sure!). (Pic #206: picture of club)

[Day 5, Sep. 26th] (Pics #207 to #242)
Did some sightseeing and souvenir shopping alone till evening. Then Ray took me to a great night market and we sat down for drinks at his place. He let me stay at his house on the night before my flight back to Japan.

Things I did:
-Breakfast: Beef hamburger near Stacy's place (Pic #207)
-Go to National Palace Museum (故宮博物院). Though it was still under construction, I really enjoyed the exhibits (Pics #208 to #211)
-Walk around 林森北路 (kind of like a red light district, check Pic #214, hehe) (Pics #212 to #214)
-Lunch at 好記担仔麺. Delicious!!! (Pics #215 to #216)
-Eat some 葱油餅 (Pics #217 to #218)
-Walk around 迪化街, where they sell tons of dried foods. I bought some souvenirs there. (Pics #219 to #221)
-Eat 割包 at 石家割包. Oh man, this was one of my favorites in Taiwan! (Pic #222)
-Meet up with Ray. Ray took me to a very local market near his house. Fruits and vegetables there were sold soooo cheap!! (Pic #223)
-Go to 饒河街観光夜市 (night market) with Ray. Eat like a pig here as well (two types of 臭豆腐、蚵子煎、chicken fingers, 排骨), play the lottery (won 200元 for 2 games of 100元 each, no gain...), played some basketball game (Pics #224 to #237)
-ChiaWen and Stacy joined us, and we headed to Ray's house with some drinks from the supermarket (Ray has such a gorgeous house!). (Pics #238 to #242)
-Ray and I drank and talked with each other till we had to go to bed.

[Day 6, Sep. 27th]
Had to leave really early since my plane was at around 9am. Even though Ray had to work on this day, he insisted on seeing me off at the airport. I was so happy and thankful to him. He did sooo much for me, thanks Ray!!


To wrap up this report, I would like to thank all my friends who did so much to let me enjoy Taiwan. If it weren't for them, I am definitely sure that I wouldn't have had such a great experience and learned so much about Taiwan.

Special thanks to.. Ray, Stacy, Hermosa, Yvonne, Lance, ChiaWen, Eric
| Travel | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>