CALENDAR
S M T W T F S
               
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
ほっとけない 世界のまずしさ
RECOMMEND
RECOMMEND
Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A]
Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A] (JUGEMレビュー »)

アメリカでの普及率があまりにも高いのでミシガンで購入してしまった。今ではこれがないと生きていけません。
SEARCH THIS SITE.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
恋空
最近週末に遊びすぎて、逆に月曜日が一番辛い。。

最近の日記調の内容を改めて、もう少し自分のBlogも発信型のものにしていこうと思う。

先週のこと。友達と恋空を見に行った。

部屋にテレビがない&平日は日経新聞が主な情報源である僕は、恋空が大ヒット上映中であることもイマイチよく知らなかったのですが、主演がっきーだし友達から面白いと聞いたので行ってみた。

講評:ストーリー良くできているし、ドラマありで泣けた(一緒に行った友達は横でボロボロになっていた)。でも恋愛ストーリーの中でカップルの片方を病気にさせるのは明らかな反則であると思う。ありゃー誰でも泣くわ!という設定。

まだ見ていない人もいると思うので、内容に関してはこれ以上書きませんが、恋空はなんと「携帯小説」が原作であるらしい。携帯で小説を書いている人が増えているなんて知らなかった。魔法のiらんど等のサイトを通じて公開・閲覧されているらしく、恋空に関しては美嘉(みか)という人が原作を書いている。暇な人はこちらから原作読めます。いわゆるWeb2.0というか携帯2.0といったところであろうか。
あと追加するとすれば、この映画の主題歌が大好きなMr.Childrenの曲(旅立ちの唄)だったのでポイント高しでした。

たまには映画鑑賞もいいと思った。仕事に埋もれているとまじで人間的な感受性が失われてしまう感じがして。映画見たり美術館に行けば、普段からちょっと演じて気を使っている自分から離れて素の自分に戻れるのだと思う。
| Movies | 01:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest
ただの自慢だけどPirates of the Carribean: Dead Man's Chestを今週の月曜にもう見ちゃった。

六本木ヒルズの先行上映のチケットをゲットした。Mission Impossible3も実は二ヶ月前の5月頭に既にアメリカで見たし、ちょっと得した気分大。てか日本でHollywood映画公開されるの遅すぎ。話によると台湾ではアメリカと同時期に公開らしいが、なぜ日本だけこう遅いのか?知的財産の条約かなんかが関係しているの?


今回の作品に関しては5月あたりに初めて一作目を見ていたからタイミングが良かった。

なんとなくだけど、Pirates of the Caribbeanのシリーズは日本的なユーモアの味が組み込まれている気がする。言葉では言い表せないのだけど、この感覚に同調してくれる人求む。てかJohnny Deppの演技最高。衣装もなかなかの力の入れようだと思う。

国内ではまだ公開されていないから多くのことは言えないけどおおむね満足できた。終始ストーリーの流れと笑いの要素を楽しめた。ただ、一つ文句をつけるとちょっとエンディングが。。。最後だけものすごくがっかりしてしまった。

やっぱり六本木のシアターはすごいな。また近いうちに映画鑑賞行こうと誓った一日でした。
| Movies | 00:08 | comments(3) | trackbacks(0) |
Hotel Rwanda
ようやく見る機会に恵まれた。Hotel Rwanda


噂通りなかなかショッキング&印象深い映画だった。


自分自身が一人の人間としてRwandaで起きた事件とどう関係しているのか考えてみた。


Rwandaの虐殺事件は西側諸国のマスコミであまり取り上げられず、後になって知った人がほとんど(もちろん自分も含めて)。事件が進行している間、自分はいつものように自由気ままに日々を過ごしていた違いない。


自分が普段の平和な日々を送っている一方で、必ずどこかでRwandaで起こったような虐殺事件や内戦によって毎日人が死んでいる、というか殺されている。このことはどうやらそれなりに正確なstatementであるようだ。それを考えると「知らないこと」って怖いなって思った。


でももっと怖いのは知っていても行動を起さないこと。そういう人にはなりたくない。


より広い意味での責任を取れる人間になりたい。


それにしても見ていて、個人としての人間はこれだけちっぽけなものなのかと痛感せざるを得ない作品であった。
| Movies | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
皇帝ペンギン
また映画批評。
今回はつい先週見たやつ。結構話題になっている皇帝ペンギンです。

簡単に説明すると、ペンギンたちの集団繁殖と子育ての過酷さを描いた映像中心の作品。

個人的にはまあまあだった。
確かに映像はきれいだし、ペンギンたちはかわいかったし、ナレーションを聞いていて生命の力がいかに素晴らしいか実感することができたけど、なんかこう今ひとつインパクトを欠いてた感じがした。
一時間半も割いてあえて映画で見る必要はないと思った。

まーペンギンたちが生きながら直面している困難さを見ることができてすごく勉強になったと同時に感動もしたことは事実。
評価:★★☆☆☆
| Movies | 03:32 | comments(2) | trackbacks(1) |
6 Movies in the US
数えてみたらNYに行っている間に6本もの映画を見た。
うち4つは機内で見たんだけど。。。

簡単にそれらを見た順にレビューしてみる。

NY行きの機内にて:
Madagascar
日本語表記にするとマダガスカル。NY Central Park Zooに生息している動物たちが主役で、彼らが動物園から脱出してしまうというストーリーが展開される。
アニメーションがとてもきれいで、特に舞台となっているNY Cityの映像では実際に存在する場所(地下鉄やGrand Central駅など)が本物同様に再現されていたため、これからNYに向かう身としてちょっとうれしかった。
でもストーリーにあんまし深みとひねりがなくていまいち面白くなかった。ま、ターゲットはおそらくちっちゃい子供だからしょうがないか。。。
評価:★★☆☆☆

Fever Pitch
これはラブストーリー。仕事ばりばりの女が教師の男と付き合うことになるのだが、実は男のほうがRedsoxの熱狂的大ファン、というかマニアであるために、いろいろと困難が生じてしまうストーリー。女をとるかRedsoxをとるか、みたいな感じ。
個人的には自分がRedsoxファンのためすごく面白かった。まず映画の中でRedsoxの歴史についていろいろな情報が出てきて勉強になった。あと映画のTime Settingが去年Redsoxが劇的なWorld Series優勝を果たしたシーズンのときだったこと、そして実際のRedsoxの選手が出演していたことがファンのオレにとってはうれしかった。まースポーツ大好きっ子なオレにとって、スポーツ映画は大体いつも評価高いのだが。。。ストーリーはまーまーかな。
評価:★★★☆☆

NYの映画館にて:
The 40 Year-Old Virgin
40歳になっても童貞の男をネタにしたシモネタ映画。
ミシガンの友達タミナが彼女のblogでコメント書いてあるのでご覧あれ。あまりコメントすることないけど、これだけシモネタ満載な映画を上映できるのはたぶんアメリカくらいなんじゃないでしょうか。。。オレは映画館の中でアメ人と混ざって大声で爆笑してました。。。素で面白かった。たぶん普通の日本人が見たらさっぱし面白くないような気がするけど。
評価:★★★★☆


The Brothers Grimm
あのグリム童話の元となったグリム兄弟を主役とした映画。実在したグリム兄弟とは違って、映画で登場するグリム兄弟はヨーロッパの村々で、呪いや魔法使いから村人たちを救う振りをしているペテン師として描かれている。普段村人達が頭を悩ませている呪いや魔法は本当ではなくハッタリで通すことができるのだが、ある日グリム兄弟の前に本当に奇怪な出来事が生じる。ハッタリが通じない現象に歯向かっていく兄弟の姿が描かれる。
ところどころユーモアが混じっていて笑わせてくれたこともあり、ストーリーが自分の予測できない方向に飛んでいったのでそれなりに面白かった。でも正直絶賛できるには程遠い。
評価:★★★☆☆

帰りの飛行機にて:
■Going Home
邦画だったが英語名がこう書いてあった。ネットを検索しても出てこないので実際の映画の名前わからず。。。実際全く面白くなかったのでいいけど。。。説明省略。
評価:★☆☆☆☆

The Longest Yard
これまたオレの好きなスポーツ映画。これはアメフト映画。刑務所のガードマンが自己満足のため、自分達が見張っている囚人たちに対してアメフトの試合をやろうと申し入れることから始まる。囚人となっている元NFL選手が中心となって、囚人チームをなんとか強くしようと作り上げていく。本来であればガードマンのチームが圧勝する試合なのであるが本番はいかに・・・黒人中心の囚人たちと白人のみのガードたち、という対立構図もあって人種差別の問題もわずかながら織り交ぜられていた。
てかこの映画相当お気に入りだった♪だって音楽がNellyで、出演者の中には本物のNFL選手(しかも昔オレの一番大好きな選手だったMichael Irvin!!!)が出てきたりしていて、かつ終始Black American Culture調が露出しまくりの映画だったから。テンションあがるしノリノリ。エンディングまでかなりはらはらさせられて、面白かった。
評価:★★★★☆
| Movies | 02:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |