CALENDAR
S M T W T F S
               
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
ほっとけない 世界のまずしさ
RECOMMEND
RECOMMEND
Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A]
Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A] (JUGEMレビュー »)

アメリカでの普及率があまりにも高いのでミシガンで購入してしまった。今ではこれがないと生きていけません。
SEARCH THIS SITE.
<< Silver Week | main | 2010 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
いい加減Update
気づいたら三ヶ月も更新が無いという事態になってしまっておりますた。。。

三ヶ月も何をしていたのだろう、と振り返るとあまりパッとした答えが思い浮かびませんが、基本的仕事8割、プライベートその他2割でバタバタしておりました、という感じでしょうか。仕事は出向先でのキャリアが本社でのキャリアを追い抜きつつあり、今後の自分の進む道について色々と考えるようになってきました。

11月末に担当していた一つのプロジェクトが区切りを迎え、漸く一息つくことが出来ている。暫く出来ていなかった買い物や友人との飲み会に時間が割かれていく。

先週は超思いつきで上海に行ってきました。インドにいたときに出会った台湾人友達が偶然にも3人ほど現地で働いている&会社の同期が語学研修で滞在しているので、多数の接待を受ける機会を捕らえるべくこれまでの出張で溜まったマイレージを活用していざ上海へ。何と今回で初の中国大陸上陸で御座います。今年は出張も併せて6カ国目。結構いったな。

思い描いていた中国のイメージとは全く違い、そこに見えてきたものは東京?いや東京以上に洗練され、活気のある先進国の都市、という印象でした。今年前半に訪れたベトナムも似たような感覚を持ちましたが、マスコミが最近もてはやしているように、これこそ「新興国の時代」かー、という感じでした。とにかく人が多いし、それだけで市場として、そして労働力として、魅力のある国になる。若い世代もすくすくと育ち、高度な教育を受けており、国としての競争力も底上げされる。とにかく活気を肌で感じて、これはーすごい、と思いました。

それに対して日本を改めて客観的な目で見てみると、死んだ魚のようなリーマンブラザーズがつまらなさそうにせっせと働いているだけじゃないですかぁーーー。と。日本の魅力って何だろう?いやー、もっともっと視野を広めていかなければ!!

上海では、基本的に台湾人友達にホテルの予約から観光の案内まで全て任せてしまいましたが、そのお陰でおいしいレストランや素敵な観光スポットを楽しむことが出来て、ベトナムに続き海外の友達の有難さを実感する旅行となりました。今度はどこの友達のところにいくかなー。


写真貼り付ける時間無いのでこちらのサイトからどうぞー

そしてもう年末。今年は去年と違って会社にはいきません。。。。
| Daily Life | 01:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:35 | - | - |
コメント
日本の魅力や自分の役割は最近本当に深く考える。
海外に行けば、それを深く気づかされるよね。
おれは日本の魅力あるマチをどう再構成、再構築していくか?
そしてそのためにそういう仕事/スタンスをすればいいのか?
とか考えてる。
社会に出たら考える暇が少なくなるそうだから。

中国の写真、いいね。都市も集落にもやはり活気がある。
俺も三年前に西安に行ったけど、都市と地方の差の問題はどこも一緒だと思ったけど、活気はどこにでもあって、なんかとても嬉しくなった笑。
おれは日本の田舎を思い出した。おれの場合は広島のばあちゃんちかな。

なんかまじめなコメントですまん。
とりあえず思ったことだけつらつらと。
まあまた今度飲みましょう。

代官山のcafeMADUで、昼間から笑。
| chihiro | 2009/12/21 5:53 PM |
返信遅れてすまん。コメント有難う。西安いいなぁー。いってみたい。
街づくりというアプローチからの日本の魅力の発信というのは自分にとって新鮮でした。是非chihiroが今度から就くことになるお仕事で実現して頂きたいものです。また飲もう。
| kamakusa | 2010/01/01 2:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kamakusa.jugem.jp/trackback/243
トラックバック